トップページ >  » ブログ > 金融法務事情

ブログ

7月 26 2022

金融法務事情

「金融法務事情」最新号(2190号/2022年7月25日)で、小職が獲得した東京高裁平成29年10月25日判決が題材として取り上げられていました。
もう5年近く前の裁判例になりますが、近時刊行された金融商品取引法の教科書などでも、証券取引に関する過当取引の代表的な裁判例として紹介されていて、今も裁判例として生き続けていることに弁護士冥利を覚えます。

https://store.kinzai.jp/public/item/magazine/A/H/

事例で学ぶ金融判例 [金融商品販売編]
 信用取引における証券会社および担当者の損害賠償責任
-東京高判H29.10.25(本誌2084号76頁)-
(弁護士森本真美/アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業)


0コメント

Trackback URI | Comments RSS

コメント記入

Spam Protection by WP-SpamFree

« »