トップページ >  » 愛知県名古屋市の弁護士ブログ 名古屋の弁護士 正木健司 債務整理・先物取引など投資被害や顧問弁護士、英文契約書。

ブログ

愛知県名古屋市の弁護士ブログ

11月 18 2021

最近

複数の事件の起案に集中していたため、ブログの更新が久しぶりになってしまいました。
                          
最近、投資被害について、新規のご相談をいただく際に、「○○弁護士さんから先生を紹介されました」と仰られる方が増えています。
                                   
小職は、その「○○弁護士さん」と面識がある場合もない場合もあるのですが、ご相談者の方が「○○弁護士さんから、正木弁護士のところに行くといいと勧められました」と仰られますと、恐縮には思いながらも、少しでもお役に立ちたいという気持ちになります。
              
一般に、弁護士にとって、他の弁護士から事件を紹介されるということは、その分野では紹介に値する弁護士と認めて頂いているということですので、相談者の方からそのようなお話を伺ったときは、密かに弁護士冥利というものを感じる瞬間でもあります。
      
今後も、投資被害の分野において、他の弁護士の先生方から自信をもって勧めて頂けるような弁護士になれるように、日々精進していきたいと思っています。

     


0コメント

11月 02 2021

消費者法ニュース(くりっく株365・KOYO証券)

消費者法ニュース第129号(2021年10月31日発行)の「判例・和解速報」に、小職が担当したくりっく株365・KOYO証券事件が掲載されました。

https://clnn.org/archives/backnumber/129


0コメント

10月 22 2021

西山ファーム事件報道(TBS系列「news23」)

10月18日に放送されたTBSテレビ系列「news23」で、西山ファーム事件が報道され、小職が名古屋地裁で担当している集団訴訟について紹介されました。

TBSテレビ系列「news23」


0コメント

10月 22 2021

西山ファーム事件報道(名古屋テレビ「UP!」)

10月18日に放送された名古屋テレビ「アップ!」で、西山ファーム事件の集団訴訟を担当している者として、西山ファームによる投資詐欺被害の手口についてコメントしました。

名古屋テレビ「UP!」


0コメント

10月 21 2021

株式相場操縦事件

インフルエンサーによる株式相場操縦事件について、共同通信社から取材され、10月6日付の徳島新聞、佐賀新聞、大分合同新聞などに、小職のコメントが掲載されました。

徳島新聞


0コメント

10月 18 2021

西山ファーム事件

今日の読売新聞朝刊で、西山ファーム事件について、集団訴訟を担当している弁護士として取材を受け、コメントしました。

読売新聞20211018


0コメント

9月 30 2021

名古屋投資被害弁護士研究会代表退任

2018年5月に名古屋先物証券問題研究会(現名古屋投資被害弁護士研究会)の代表に就任して以来、およそ3年半にわたり同研究会の代表職を務めてきましたが、本日をもって代表を退任し、後進に譲ることにいたしました。

2011年5月に同研究会の事務局次長として執行部に入ってから、10年以上にわたり同研究会の執行部を務めさせて頂き、毎月の例会の運営から、先物取引被害全国研究会や全国証券問題研究会での活動、各種弁護団における活動、全国一斉投資被害110番の運営など、実に様々な経験をさせて頂きました。

これまで多大なご協力ご厚誼を賜りました皆様に、この場をお借りして深く感謝申し上げます。

今後も投資被害救済をライフワークとして、困っている方のお役に立てるように弁護士業務に邁進する所存ですので、何卒よろしくお願い申し上げます。


0コメント

9月 24 2021

先物取引被害全国研究会

先週9月18日に行われた第85回先物取引被害全国研究会Web大会において、対KOYO証券・くりっく株365事件判決(名古屋地裁令和3年5月20日判決)について、報告しました。

http://www.futures-zenkoku.com/


0コメント

9月 14 2021

会社法判例百選

本日、会社法判例百選[第4版]が事務所に届きました。

早速ペラペラとめくってみたところ、「50 内部統制システム 最高裁平成21年7月9日第一小法廷判決」の項で、小職が担当した名古屋高裁令和元年8月22日判決が〔コムテックス商品取引事件〕として、引用されていました。

内部統制システム構築義務は、取締役の善管注意義務の一内容となりますが、これまでその違反を認定して取締役の責任を肯定した事件は限られるとして、大和銀行株主代表訴訟事件(大阪地裁平成12年9月20日判決)をはじめとする6件のみ挙げられており、そのうちの一つが上記名古屋高裁判決でした。   

最高裁判決ではないので、引用という形にとどまりますが、それでも判例百選に自分が全力で取り組んで獲得した判決が掲載されるというのは、ちょっと嬉しい出来事であり、大げさに言えば、弁護士冥利に尽きるというものです。


0コメント

8月 30 2021

国際投資詐欺

今日の中日新聞朝刊で、小職が国際投資詐欺について取材を受けた記事が掲載されました。

中日新聞記事R3.8.30


0コメント

次のページ »