トップページ >  » 愛知県名古屋市の弁護士ブログ

ブログ

10月 27 2020

先物・証券合同研究会

先週末は、第83回先物取引被害全国研究会及び第62回全国証券問題研究会が開催されました。

 

今大会は、初めてweb形式により、全国から約220名の弁護士の参加を得て行われました。

 

小職は先物取引被害全国研究会の執行部メンバーとして運営に関わり、弊事務所がweb大会運営の本拠となりました。

 

http://www.futures-zenkoku.com/kenkyukai/83_web_information.pdf

 

また、内容面では、小職が獲得した名古屋高裁令和元年11月22日判決について、報告しました。

 

これは、商品先物取引業者の適合性原則違反、誠実公正義務違反、指導・助言義務違反を認めた上、一審判決を変更して、過失相殺割合を減縮した高裁判決です。

 

web参加者からは、幾つか質問があり、中には海外の法制度を踏まえた学究的な質問(意見)もありました。

 

自分の獲得した判決が、この分野の法理論に関する議論の契機となれば、望外の喜びです。

 

 

 

 


0コメント

10月 21 2020

報道のご紹介

名古屋テレビで本日放送された「ドデスカ!」と昨日放送された「UP!」にて、最近社会問題化している給付金詐欺についてコメントしました。

 

https://twitter.com/kkmasaki/status/1318718383135756288

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


0コメント

10月 09 2020

判例時報

小職が獲得した名古屋高裁令和元年8月22日判決及び同原審の名古屋地裁平成30年11月8日判決が、判例時報最新号(第2453号)の商事判例として掲載されました。

 

 

○ 先物取引受託会社従業員の違法行為により顧客が被った損失について同社役員の職務執行上の重過失が認められた事例

(名古屋高判令1・8・22〈参考原審:名古屋地判平30・11・8掲載〉)

http://hanreijiho.co.jp/wordpress/book/%e5%88%a4%e4%be%8b%e6%99%82%e5%a0%b1-no-2453/

 

 

 

 

 

 

 

 

 


0コメント

10月 05 2020

今日から

今週もスタートですが、今日は法廷がなかったため、事務所で起案をしておりました。

 

ほぼ同時に3件の訴訟(いずれも金融商品取引事件)を提起する段取りをしているため、それぞれの訴状や証拠の最終確認をしておりました。

 

見返す度に修正や補充したい点が出てきてしまい、正直切りがないのですが、弁護士の仕事というのは、こうした職人仕事であると思っています。

 

訴訟提起をする時に誰かのチェックを受けるわけでもなければ、当然上司がいるわけでもありませんから、依頼者の方に事前にご確認頂くものの、最終的には自分が納得できた時に自分自身に対してゴーサインを出すことになります。

 

限られた時間の中で最大限納得のいく書面を作り上げて、良い結果に繋がるように、自分に妥協しないで努力することが大切だと思っています。

 

 

 

 

 

 

 


0コメント

9月 29 2020

最近

事務所のすぐ目の前の久屋大通公園がリニューアルされ、大変賑わっています。

 

以前は夜になると、ほとんど人通りがなかったのに、お洒落なお店がたくさんできたため、最近はびっくりするくらいの人が行き来しています。

 

昼間には、小さな子供たちが芝生の広場で走り回ったり、芝生の上で寝転がっている人や、テントを張ってアウトドアを満喫している人までいます。

 

まあ、街が栄えるのは良いのですが、自分が時間に追われバリバリ仕事モードでいるときに、時間の流れがゆったりというか、ほんわかとした光景をよく目にするので、若干こちらのテンションが萎えることもあります(そのうち慣れるとは思いますが・・・)。

 

何はともあれ、お近くにお越しの際は、一度お立ち寄りいただければと思います。

 

https://mitsui-shopping-park.com/urban/hisaya/index.html

 

 


0コメント

9月 25 2020

今週は

週初めに連休があったことで、僅か3日間で終わりです。

 

とはいえ、連休明けだったこと、一週間が短いことから、そのぶん仕事が集中し、いつもより濃密な一週間となりました。

 

来週はもう10月に入りますが、これから年末にかけて、証券事件の尋問が4件予定されています。

 

裁判所は名古屋地裁本庁のみならず、岡崎支部や大阪地裁などもあり、取引商品としては、仕組債(EB)、信用取引、株価指数証拠金取引等になります。

 

いずれも負けられない大事な事件ばかりですので、限られた時間でベストを尽くせるよう、計画的に準備していきたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 


0コメント

9月 16 2020

信用取引の過当取引

小職が獲得した東京高裁平成29年10月25日判決(野村證券による信用取引の勧誘について過当取引の違法性を認めて損害賠償を命じた判決)が、『注釈金融商品取引法〔改訂版〕〈第4巻〉不公正取引規制』において、参考判例として掲載されました。

 

https://store.kinzai.jp/public/item/book/B/13452/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


0コメント

9月 09 2020

金融判例研究

金融法学会編『金融判例研究』で、小職が獲得した名古屋高裁令和元年8月22日判決が、「証券・保険・信託」分野の重要判例として評釈されました。

 

https://mobile.twitter.com/kkmasaki/status/1303593369214447617

 

 

 


0コメント

9月 04 2020

今日は

ある投資被害事件の第一回期日があり、その後、司法記者クラブで記者レクを行いました。(詳細につきましては、後日、報道されたタイミングで紹介させていただきます。)

 

来週は、四日市支部や岡崎支部を含め、5つの投資被害事件の期日があり、そのうち4つは証券取引に関する訴訟です。

 

今週は期日が2つだったこともあり、来週に若干集中している感がありますが、いずれも負けられない大切な案件ばかりですので、ベストを尽くす所存です。

 

 

 

 


0コメント

8月 28 2020

今週は

長年取り組んできた証券事件の最終準備書面を完成して、本日提出しました。

 

尋問終了時からこつこつ書面を書き始め、提出期限ぎりぎりまで精査を重ねた結果、自分としては限られた時間の中で最大限の努力ができたと思っています。

 

証券事件では、緻密な分析を行って、丁寧に事実を拾い上げ、事案の本質を衝いた書面を作成することが、特に重要だと思います。

 

徒に抽象論を記載するのではなく、分析的な視点から如何に重要な事実を拾えるか、証拠をもって丁寧に事実を裏付けられるか、説得力ある文章でわかりやすく伝えられるか、が大切ではないかと思っています。

 

 

 

 

 

 


0コメント

次のページ »