トップページ >  » 愛知県名古屋市の弁護士ブログ

ブログ

3月 01 2018

裁判所HP

小職が弁護団事務局長を務めたK&A投資被害集団訴訟事件判決が裁判所HPに掲載されました。

 

http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail4?id=87489

 

 

 


0コメント

2月 26 2018

金融法務事情

金融法務事情2084号(2018年2月25日号)に、小職が担当した東京高裁平成29年10月25日判決が掲載されました。

 

https://store.kinzai.jp/public/item/magazine/A/H/

 

 

 

 


0コメント

2月 19 2018

先週末は

兵庫県弁護士会姫路支部会館で、昨年獲得した対野村證券東京高裁判決を題材に証券取引訴訟について講演をさせて頂きました。

 

これは、歴史と伝統ある神戸先物証券問題研究会と姫路証券先物証券問題研究会の合同研究会の講師としてお招き頂いたものです。

 

その後、姫路湊からチャーター便で家島に渡り、盛大な懇親会を催して頂き、新鮮な海の幸を豪快な鍋料理で頂きました。

 

今回、自分が全身全霊で取り組んだ事件が判例となり、それがきっかけで講師として兵庫県までお招き頂き、第一線で活躍されている先生方から身に余る称賛のお言葉を頂きました。

 

弁護士冥利に尽きる忘れられない一日となりました。

 

 

 

 


0コメント

2月 15 2018

明日は

神戸先物証券問題研究会と姫路先物証券問題研究会の合同勉強会の講師として、兵庫県弁護士会姫路支部会館に伺う予定です。

 

講演のテーマは、「対野村證券信用取引過当売買事件について」です。

 

甚だ微力ではありますが、わざわざお招き頂いたことに感謝しつつ、何か一つでも参考になるお話ができたらと思っています。

 

 

 

 

 


0コメント

2月 09 2018

松坂

プロ野球のキャンプ真っ盛りですが、今季中日には松坂が入団したこともあり、かなりの注目を浴びています。

 

スポーツニュースでキャンプ情報が流れるときには、松坂が映らない日はないくらいです。

 

個人的には他の選手にもスポットライトを当ててほしいのですが、それはさておき、中日にとって「松坂効果」は思いのほか大きかったようです。

 

今季もナゴヤドームのシーズンシートを共同購入しましたので、一試合くらい松坂が投げるのを見てみたいなと思っています。

 

 

 

 


0コメント

2月 07 2018

今日で

長男の中学受験が無事終わりました。

 

第一志望の中学を含め、受験した全ての中学で合格を頂くことができました。

 

受験勉強を始めたのが5年生の冬からと遅かったのですが、よく努力して大きな目標を達成してくれたと思います。

 

 

 


0コメント

2月 05 2018

資料版商事法務

資料版商事法務最新号(2018年1月号)に、野村證券信用取引における損害賠償請求控訴審判決として、東京高判平成29年10月25日と静岡地浜松支判平成29年4月24日が掲載されました。

 

https://www.shojihomu.co.jp/p007

 

 

 

 

 


0コメント

2月 02 2018

判例タイムズ

判例タイムズ最新号(1443号/2018年2月号)に、小職が担当した静岡地裁浜松支部平成29年4月24日判決が掲載されました。

 

 

http://www.hanta.co.jp/books/6832/

 

 

 

 

 

 

 


0コメント

1月 25 2018

全国証券研金沢大会

この3月に金沢で行われる第57回全国証券問題研究会で講演することになり、鋭意準備を行っています。

 

テーマは「尋問技術~東京高裁平成29年10月25日判決も踏まえて」というもので、1時間もの枠を与えられています。

 

この大会は弁護士の中では権威あるもので、今回も早稲田の黒沼悦郎教授をはじめとして、錚々たる第一人者の方々が講演されます。

 

そのような大会において、限られた時間の中で長時間講演させて頂くのは名誉なことでもあるので、自分なりにできる限り参照価値が高い講演となるよう努力するつもりです。

 

 

 

 

 


0コメント

1月 19 2018

ジャパンライフ

今日はジャパンライフ被害110番を愛知県弁護士会で行いました。

 

50件もの相談があり、電話が鳴りやまないような状況でした。

 

今日は全国一斉に110番が行われ、今後は全国各地の弁護士と連携して、この甚大な消費者被害事件の対応に当たることになります。

 

 

 

 

 

 

 


0コメント

« 前のページ - 次のページ »