トップページ >  » 7月, 2021名古屋の弁護士 正木健司 債務整理・先物取引など投資被害や顧問弁護士、英文契約書。

ブログ

2021年7月

7月 30 2021

最近は

裁判所が夏期休廷期間に入っていることもあり、裁判期日が少なくなっていますので、その分、日中に起案に充てられる時間が増えています。

 

とはいえ、毎週末、自宅起案に励む状況にあることは変わりません。

 

むしろ、この夏が勝負といった手持ち事件が少なくないので、お盆休みも含め、より集中して仕事に取り組みたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


0コメント

7月 21 2021

株価指数証拠金取引

愛知県弁護士会・消費者問題速報195号で、小職が担当した下記判決が紹介されました。

 

「くりっく株365」(取引所株価指数証拠金取引)について、新規委託者保護義務違反及び過当取引があったとして、金融商品取引業者(KOYO証券株式会社)及びその従業員の不法行為責任を認めた事案(名古屋地裁令和3年5月20日判決)

 

https://www.aiben.jp/page/195soku.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


0コメント

7月 19 2021

コロナワクチン

土曜日に、職域摂取でコロナワクチン(モデルナ製)を受けてきました。

 

すると、腕が上がらないくらいの痛みが日曜日夜まで持続したことに加え、土曜日夜と日曜日夜に37度5分まで発熱しました。

 

周囲ではあまり副反応が出たという話を聞いていなかったにもかかわらず、私は意外にも顕著に副反応が出たということで、まだまだ若いのかな?とプラスに捉えてみた次第です。

 

ただ、2回目はもっと辛い副反応が出るらしいので、今から少々びびっております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


0コメント

7月 16 2021

マッチングアプリ投資詐欺

名古屋テレビ「UP!」で、マッチングアプリを通じた投資詐欺についてコメントしました。

 

https://twitter.com/kkmasaki/status/1415438392834203650

 

 

 

 

 

 

 

 

 


0コメント

7月 14 2021

仮想通貨をめぐる投資詐欺

昨日の朝日新聞夕刊記事で、最近の仮想通貨をめぐる投資被害についてコメントしました。

 

https://twitter.com/kkmasaki/status/1415171366672687110

 

 

 

 

 

 

 

 

 


0コメント

7月 08 2021

マスコミ取材

小職が重点的に取り扱っている投資被害関係について、新聞社やテレビ局の記者からの取材(問合せ)というのがよくあります。

 

とくに最近は、あるテレビ局からの取材が立て続けにあり、明日予定されている取材を含めると、3本のインタビューが撮りためてある状態?ということになります。

 

記者が取材を進めている事件が顕在化するなどして、いずれ放送される時のために、予め専門家からのコメントを撮っておくということのようです。

 

テレビ局は、事件取材と同時並行で専門家からのコメントを撮っておくようですし、適時により必要性の高いニュースを報道することが求められるため、こうした扱いはむしろ一般的のようです。

 

 

 

 

 

 

 


0コメント

7月 02 2021

今週も

裁判所の期日が5件あり、いずれも金融商品取引関係の事件でした。

 

投資被害の集団訴訟や証拠保全の関係期日もありました。

 

やりがいのある事件に恵まれて、弁護士冥利に尽きる今日この頃ですが、最近は、殊に一週間が過ぎるのが早く感じます。

 

地道な日々の積み重ねですが、一日一日、今日もいい仕事ができた、いい書面が書けたと、納得のいく過ごし方をしていきたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


0コメント