トップページ >  » 9月 4th, 2019名古屋の弁護士 正木健司 債務整理・先物取引など投資被害や顧問弁護士、英文契約書。

ブログ

9月 4th, 2019

9月 04 2019

今週から

裁判所の夏季休廷もひと段落したせいか、裁判期日が本格的に入り始めました。

 

今週は6つの裁判期日が入っており、全て金融商品取引関係(証券取引や先物取引等の投資家側)の訴訟です。

 

うち2件は四日市支部や岡崎支部の裁判所であり、来週も4件の投資取引関係の裁判期日が入っているのですが、うち3件は、大阪地裁、四日市支部、岡崎支部です。

 

こんな感じで、この秋はプチ出張的な裁判が続いていくことになりますが、この種の事件の業者側代理人は、ほとんどが東京か大阪の弁護士です(東京の弁護士が岡崎支部まではるばる来たりします。)。

 

今週・来週の期日10件でいえば、名古屋の弁護士が入っているのは2件だけで、あとは全て東京か大阪の弁護士が相手方になります。

 

名古屋を拠点に活動しているので、通常は名古屋の弁護士が相手方になるはずなのですが、私の場合は、8割方が名古屋以外の弁護士ということになります。

 

このことからも、金融商品取引業者(特に大手の証券会社等)は、東京か大阪の弁護士に依頼していることがよくわかります。

 

ここまでつらつらと余談のような話を続けてきましたが、そろそろ仕事に戻りたいと思います(お付き合いいただきありがとうございました。)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


0コメント