トップページ >  » 2月, 2019名古屋の弁護士 正木健司 債務整理・先物取引など投資被害や顧問弁護士、英文契約書。

ブログ

2019年2月

2月 22 2019

テキシア

昨日夕方のCBCイッポウで、テキシアジャパンの投資被害等に関してコメントしました。

 

https://twitter.com/kkmasaki/status/1098583627321901056

 

 

 

 

 

 


0コメント

2月 21 2019

くりっく株365

今日は、午前中に投資信託の事件、午後は先物取引とくりっく株365の事件の期日がありました。

 

くりっく株365やくりっく365の取引は先物取引と比べて商品の危険性等が異なるという見解もありますが、投資被害の実態としては先物取引の場合とほとんど変わりません。

 

先物取引を勧誘する過程でくりっく株365等の証拠金取引が勧誘される事例も多く、短期・頻回な売買が繰り返される過当取引の被害も多数見受けられます。

 

くりっく株365等は、見かけは先物取引よりスマートな印象がありますが、被害の実態は先物取引の場合とさほど変わらないことから、今後この点を的確に捉えた裁判事例の集積がまたれるところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


0コメント

2月 15 2019

投資被害110番

2月18日(月)午前10時から午後4時まで、愛知県弁護士会消費者委員会と名古屋投資被害弁護士研究会の共催で、全国一斉投資被害110番を行います。

 

投資にまつわるご相談であれば何でも結構ですので、少しでも不安なこと等ございましたら、お気軽にお電話にてご相談いただければと思います(無料相談)。

 

https://www.aiben.jp/about/katsudou/shohisha/news/2019/01/31218.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


0コメント

2月 13 2019

今日は

嬉しいことがいくつかありました。

 

(以下、Yahooニュースの引用です。)

 

2010年に秋田市の弁護士が自宅に侵入してきた男に刺殺された事件を巡り、弁護士の遺族が現場に駆け付けた秋田県警の警察官らの不手際が殺害の一因になったとして、県などに損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が13日、仙台高裁秋田支部であった。山本剛史裁判長は県への請求を棄却した1審・秋田地裁判決を変更し、県にも賠償を命じた。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190213-00000037-mai-soci

 

 

亡くなられた津谷先生は、先物取引被害全国研究会の代表幹事等を務められ消費者被害の救済に尽力された方でしたが、凶刃に倒れた後、上記研究会の先生方を中心に長年にわたり訴訟に取り組まれてきました。

 

長年の努力の結果、高裁での逆転勝訴を執念で勝ち取られたこと、同じ研究会のメンバーとして誇りに思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


0コメント

2月 07 2019

消費者法ニュース

消費者法ニュース118号に、「商品先物取引業者の信任義務違反、内部統制システム構築義務違反を認めた判決」と題した執筆原稿が掲載されました。

 

http://www.clnn.net/number/news118.html

 

 

 

 

 

 

 

 


0コメント

2月 01 2019

資料版商事法務

資料版商事法務2019年1月号に、小職が担当した名古屋地裁平成30年11月8日判決が掲載されました。

 

 

https://www.shojihomu.co.jp/p007

 

 

【最近の裁判動向】として、「コムテックス商品取引を巡る損害賠償事件(名古屋地裁平30・11・8)」と題して全文掲載されています。

 

 

 

 

 

 


0コメント